バイク免許の取得について【教習所の通って技能講習を受けよう】

マリンレジャー資格

船舶

知っておくべき事項

世界各国では、様々なレジャーが楽しまれており新たなアクティビティレジャーも多数存在しています。海のレジャーの代表としては、水上バイクやマリンボートがあり多くの人がそのレジャーを楽しまれています。これらのマリンレジャーを楽しむためには、日本国内で使用する船舶免許を取得しなければ楽しむことができません。船舶免許を取得することで当該船舶を運転することが可能となりますが、取得するために必要な免許区分について知っておかなければなりません。日本における船舶免許は、大きく分けて1級と2級小型船舶免許の取得が必要となり、さらには手軽に楽しめる水上バイクは、小型船舶免許とは別の船舶免許が必要となります。その他にも自動車運転免許における二種免許は旅客営業を行う際に必要となる資格であり、小型船舶においても別に区分されその資格を取得しなければ営業運行することはできません。海や湖などの場所で釣りやマリンボートを楽しみたいのならば2級小型船舶免許が一般的です。船外機の出力に関係なく海であっても陸から約9kmぐらいの沖まで行くことが可能となります。1級の場合では航行する距離に制限がなくなりますが、他の条件が必要となりますので、1級を取得して外洋まで出る場合は事前に調べて知っておく必要があります。また、水上バイクについては航行区域に関する制限がないのですが、条件があります。その条件とは、海岸から約3.7kmの制限があります。つまり、海や湖で使用できますが海岸からの距離が定められているのです。湖の場合大きな場所では、この距離に気をつけなければいけません。自動車事故同様に近年では重大な海難事故が多くなっているために、法改正や罰則が設けられていますので、船長として事故防止に気を付けることが重要です。