バイク免許の取得について【教習所の通って技能講習を受けよう】

標識

格安で免許を取る方法

合宿免許が激安なのは、契約時にすべてのスケジュールを決定できるのでその分効率よく教習ができるからです。ただしそれゆえに、スケジュールの変更ができないというところもあります。またパック料金以外にも、個人のレベルや都合に合わせたスケジュールも組む事が可能です。

詳しく見る

運転

免許を取得しよう

車やバイクの免許を取得するなら、自動車学校に通うのが一般的です。阪奈周辺で生活していたり、働いているなら近くで通いやすい阪奈にある自動車学校を使いましょう。間を空けずに定期的に通うことがスムーズに免許取得できるコツです。

詳しく見る

練習中

集中してゲット

夏休み、冬休みといった比較的長めの休みが取れる前になると、最短合宿免許の広告を目にすることができます。集中的に実技をこなし、効率よく運転免許証を取得できることはもちろん、空き時間には観光を楽しむことができるプランもあり、検索する価値は十分です。

詳しく見る

船舶

マリンレジャー資格

海のレジャーの代表としては、水上バイクやマリンボートがあり多くの人がそのレジャーを楽しまれています。1級と2級小型船舶免許の取得によりボートの操船が、特殊免許の取得により水上バイクの操船が可能となります。船長として気を付けるべき事項がありますので、事故防止に努めなければならないのです。

詳しく見る

バイク

常に乗れる環境がある

バイクの免許を取得するには教習所に通う必要があります。できるだけ早く取得したいのであれば、実技講習の予約が取りやすいところを選びます。専用の教習所であったり、二輪コースの教習生が少ない所がいいでしょう。

詳しく見る

排気量と限定があるか

バイク

AT限定のあるなし

バイクに乗るには免許が必要になり、必ず教習所に通う必要があります。ただし原付に関しては技能試験が元々課されていません。つまりは教習所に行かず直接センターの学科試験の受験ができます。これで合格できれば取得ができます。原付では50CC以下のバイクに乗ることができます。それ以上になると教習所の通って技能講習を受けた方が良いでしょう。技能講習を修了していればセンターでは学科試験のみ受ければよく、合格すれば受けられます。バイクの免許の種類はまずは排気量の違いがあります。原付の上は小型限定普通二輪で、125CC以下のバイクに乗ることができます。少し大きな原付などに乗りたいならこちらを取得します。その上が普通二輪免許になり、400CC以上のバイクに乗りたいときの免許になります。そして最も上のランクになるのが大型二輪免許になります。こちらは排気量に特に制限がなく、こちらを取得しておけばほぼすべてのバイクの運転が可能になります。実はもう少し細分化されて試験は行われます。それぞれに普通タイプとAT限定タイプが用意されています。普通タイプはクラッチ操作が必要なタイプやオートマで乗れるタイプになります。AT限定タイプはその名の通りATしか乗ることができません。教習時間などがAT限定の方が短くなるなどのメリットがあります。ただし乗れる種類に違いが出てくるので、大型を持っていながらAT限定であるために一定の種類しか乗れないなどもあります。